不動産登記・商業登記のことなら、新宿の福石司法書士事務所にお任せください。

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-4-2カーサ御苑501

無料相談は行っておりません
03-6806-2800
営業時間
9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お客様の声

困ったときの神頼み

古川玄太郎様(73歳、横浜市在住)

何から何まで気持ちを汲んだお仕事をしてくれ本当に助かりました。

 ご無沙汰しています。

横浜の古川です。

その節は大変お世話になりました。
早いもので、あれからやがて7年になろうとしています。

 叔母(当時90歳)は札幌市に一人で住んでいます。
 平成20年(2008年)秋、四国に住む私の姉宅に、その叔母から「亡くなった夫の遺言状を預けている司法書士から1年以上何の連絡もない、どうすればいいか」と電話があったのが始まりです。叔母には子もなく、誰にも相談出来ず困っていたようです。
 話を聞いた姉と私は叔母を訪ねました。話を聞いたところ、「その遺言状は自筆で書かれ開封されず司法書士に渡してあるがなしのつぶて」とのこと。翌日、叔母と姉がその司法書士事務所に出向き、何とか遺言状を取り戻すことは出来ました。しかし、この遺言状をどのように扱っていいものか全く判らず途方にくれました。

 私は、横浜に戻って知り合いに相談する中で、福石先生に巡り会うことが出来ました。先生に始めてお会いしたら、先生は私の話を細部まで聞いて下さり、優しく解決方法をまとめてくれたのです。しかし、先生には札幌まで出向いて戴けなければならず躊躇しましたが、意を決して、その場で解決をお願いしました。まさに困ったときの神頼みです。

それから先生の猛奮闘が始まりました。先生の調査では、夫の家系は複雑で遺言状の検認手続きには何と相続人が80名(現存者30名余)の立会がいることは判明しました。
 先生は困難を極めた相続人一人一人の戸籍を粘り強く取り寄せ、三ヶ月後の平成21年2月、札幌の裁判所に出向いて頂き、遺言検認手続きは無事終わりました。その後、遺言状は検認され、相続者は叔母一人でしたので安心しました。叔母達と大喜びしたものです。
また、叔母は姉への自筆遺言も作っていましたが、これも先生が公正証書にして頂きました。
 先生は、本当に何から何まで私たちの気持ちを汲んだお仕事をしてくれました。本当に助かりました。
 その後、毎年、私と妻、姉は、叔母の顔を見に行っていますが、現在、97歳になりますが、元気で頑張っています。
これからも何かとお世話になると思いますがよろしくお願いします。
先生の一層のご活躍をお祈りしています。

お客さまの声

依頼した仕事が一度もトラブルなし

税理士・川代政和様 (東京都江戸川区)

登記案件については、今後もよろしくお願いします。

 福石先生、いつもお世話になっております税理士の川代です。
 福石先生と初めて会ったとき、物静かだが、熱心に仕事をしてくれ信用できる方だと直感的に思いました。
 その後、会社設立案件など、仕事を依頼しましたが、非常にスピーディに対応してくれただけでなく、お客様の目線に合わせ、専門用語をかみ砕いて、わかりやすく説明していただきました。

また仕事の依頼の都度、当事務所まで御足労頂くフットワークの軽さには感動しております。
 私は税理士業を営んでいますが当事務所のお客様にも会社設立など司法書士の先生のお力をお借りすることも多いのですが、当事務所のお客様に他の専門家を紹介するには、仕事もしっかりやってくれることも大事ですが人間的に信用できる方でないと紹介できません。紹介する側も紹介責任がありますから、実は紹介するというのは意外に難しいのです。
過去、他の専門家を紹介しましたが、お客様からクレームを頂いた苦い経験もあります。
 しかし、福石先生にお願いした案件のお客様から苦情も一度もありませんし、いままで一度もトラブルがありません。
これほど信用できる司法書士は、なかなか居ません。
登記案件については、今後もよろしくお願いします。

お問合せはこちら

ご依頼はこちら

03-6806-2800

お気軽にお問合せください。